スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道に惑わされるな!という映画3本を紹介。第2弾!『ヒーロー~靴をなくした天使』

洗脳(精神世界)に関連する映画
11 /26 2008
ヒーロー~靴をなくした天使~ [DVD]ヒーロー~靴をなくした天使~ [DVD]
(1999/07/23)
ダスティン・ホフマンジーナ・デイヴィス

商品詳細を見る

原題:Hero(Accidental Hero)
題名:ヒーロー~靴をなくした天使
出演:ダスティン・ホフマンジーナ・デイヴィスアンディ・ガルシアジョーン・キューザック、ケヴィン・J・オコナー 、モーリー・チェイキン、スティーブン・トボロウスキー
製作総指揮:ジョセフ・M・カラチオロ、アルヴィン・サージェント
製作:ローラ・ジスキン
原案:ローラ・ジスキン、デイヴィッド・ピープルズ
監督:スティーブン・フリアーズ
撮影:オリヴァー・ステイプルトン
脚本:デイヴィッド・ピープルズ
音楽:ジョージ・フェントン
美術:デニス・ガスナー
本編分数:115分
製作国:アメリカ
製作年:1992年
この映画も、『マッド・シティ』と同様に、報道に惑わされ、世論に押され、間違ったヒーローを創り上げた話だ。どちらもダスティン・ホフマンが出演している。彼が出ているとなんとなく説得力があり、引き込まれ、観客は同調する。演技力のなせる業か?

この映画の良いところは、最後にダスティン・ホフマン演じる本当のヒーローが、アンディ・ガルシア演じる嘘のヒーローを、精神的に救い、静かに去っていくところだ。後味の良い、ほのぼのとした結末だ。

あらすじは、ダスティン・ホフマン演じるバーニーというコソ泥が、保釈延長期間に息子を映画に連れて行く約束をして、気もそぞろに車を走らせていた。ところが、運の悪いことにエンストしてしまった。そしてまた、運の悪いことに目の前に旅客機が墜落してしまった。炎上する飛行機の中から、助けを呼ぶ声を聞きながら、早く息子ジョーイに会いたいと焦るバーニー。こんなときって、人間の本性というか、人間性が湧き出てくるのだろうか、バーニーは、焦りながらも、助けを呼ぶ声のほうへ行き、川の中にずぶずぶと入り、乗客を一人ひとり背負い、岸へ運び助ける。

全員を必死の思いで助けたバーニーは、このとき片方の靴を失くしてしまう。しかし、ジョーイとの約束の時間に遅れると思い、急いでヒッチハイクをして、別れた妻の家へと向かう。その途中、車に乗せてくれたホームレスの男に、パニックになりながらも、今あった事故の話や、失くした靴の話を一部始終話した。やっとの思いで迎えにきた父親の足元を見たジョーイは、彼が靴を履いていないことに気づいた。

一方、墜落した飛行機に乗っていた売れっ子テレビ・レポーターのゲイル・ゲイリー(ジーナ・デイヴィス)は、自分も含めて、乗客たちを助けてくれた男を何とか探したい、そして名もつげず現場を立ち去った男を、ヒーローに仕立て上げ、報道を通じて、賞金100万ドルをつけた。100万ドルと知った男たちは、われもわれもと名乗り出て、テレビ局へ押し寄せてきた。

唯一の手がかりは、片方の靴だった。現場からヒーローの靴が見つかったのだ。もう片方の靴を持っている者がヒーローだ。

しばらくして、自分が乗客を助けた本人だと片方の靴を持って来た男は、アンディ・ガルシア演じるジョン・バーバーだった。彼こそが、事故直後にバーニーを車に拾い、その片方の靴をもらったホームレスだった。ジョン・バーバーは、最初は金欲しさに名乗り出たが、同じホームレスを救いたくて、報道を通じて、視聴者に援助を呼びかけた。この類稀なき心優しい男は、ヒーローに相応しかった。しかして、密着取材したレポーターゲイルも、いつしか彼に思いを寄せるようになったが、なぜか事故の検証をしていく内に、彼が恩人ではないことに気づかされていき、葛藤するようになる。

そしてジョン・バーバー自身も、本性と人間性が、自己嫌悪に陥らせ、とうとう飛び降り自殺を図ろうとするのだ。

テレビでこのことを知ったバーニーは、彼を救えるのは自分しかないと思い、まさに飛び降りろうとしているバーバーに、息子の学費代だけくれたら、真実を隠し、このままバーバーをヒーローのままにすると説得した。バーバーは承知し、自殺を思いとどまる。

あらすじだけを聞くと、なぜ、視聴者は、報道から真実を知ることができないのか?と思う。
しかし、反面、真実を知ってどうなるのか?バーニーがヒーローと報道され、バーバーが嘘つきになる。

これは映画の中だけの話だが、なんとなく、報道って、創り上げられたものじゃないかな~。我々は、テレビや新聞で、一部始終を知ることはできない。報道機関は、得た情報を少しずつはしょって、そして編集されたものだけを知らしめる。見方や捉え方は、個人個人違うけど、すべての真実を、視聴者は、報道から知ることはできないのだ。

本来、報道とは、真実を客観的に広く公表・伝達することであり、憶測や推測で歪曲されたり、偏った思想に影響を受けてはならない。どうも今の日本の報道は本道をはずしているような気がする。皆さんはどう思う?

この映画の最後で、コソ泥バーニーは、真実を息子のジョーイにだけ話す。息子にとってだけ、父親はヒーローで良いのだ、というのは、いかにもアメリカらしい。


FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ


ポチッとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログへ




コメント

非公開コメント

eigazanmai

映画・えいが・EIGA・CINEMA・MOVIEは人生になくてはならないもの、我が映画館へようこそ!!

記事中に、いくつも作品がでてきます。
続きを読むと、関連作品や映画にまつわる話を紹介してますので、どうぞ最後まで楽しんでご覧下さい!

コメント・トラックバック大歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。