スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メル・ギブソン監督気合いのこもった史実映画『アポカリブト』!!

歴史を観なおそう
01 /22 2008
アポカリプト [DVD]アポカリプト [DVD]
(2007/11/21)
ルディ・ヤングブラッド

商品詳細を見る

原題:APOCALYPTO
題名:アポカリプト
出演:ルディ・ヤングブラッド、ダリア・ヘルナンデス、ジョナサン・ブリューワー、モリス・バード、カルロス・エミリオ・バエズ、アミルカル・ラミレス
製作/監督/脚本:メル・ギブソン
脚本:ファルハド・サフィニア
本編分数:138分
製作国:アメリカ
製作年:2006年
『ブレイブハート』『パッション』に続いて、メル・ギブソン監督がまたもや気合いのこもった映画を創ったもんだ。『パッション』での衝撃がまだ覚めやらぬうちに、なにかしら執念のようなものを感じる。文明なんてものを題材にするのは哲学的な境地なのかな・・



FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ



内容は、マヤ文明崩壊寸前のユカタン半島が舞台で、平和な狩猟民族の村が襲撃され、子供以外は奴隷となり、女は売られ、男は人身供養のため殺される。しかし村長の息子のジャガー・パウは、生贄となる寸前に命拾いし、父から言われたとおり何事にも恐れず、先祖から守り続けた森へ逃げる。この若い父親は、捕らえられる前に、臨月を迎えた妻と幼い息子を深い井戸に隠した。そして彼らを救うべく、とにかく走る、走る。追っかけるほうも走るけど。

この時、ギブソン監督は新開発のデジカメを使い、ジャングルの中を、松明だけの光で撮影したり、彼らが走るスピードをより早く感じさせたりと、手に汗握るチェイスが完成した。

主演のジャガー・バウを演じた1982年生まれのルディ・ヤングブラッド君は、とにかく走った!ジャガーに追っかけられて走るなんて、相当足が速くないと・・なんて思ったけど・・。
実際、彼はクロスカントリーの選手だったらしいが、インディアンやアフリカンの家系らしい。ジャングルの中をマトリックス並みの走りで縦横無尽に走る。そのスピード感が観る者の目を捉えて離さない。

全編セリフをマヤ語で通し、当時の文化の背景など時代考証も徹底して行なったらしいが、いろんな情報によるとこの映画は、マヤ文明崩壊寸前を描いたとあるけど、人身供養のため、奴隷をしょっぴいてきて心臓を神に捧げるとかいうのは、どうもアステカ文明ではないかな。

アステカでは、実際、1日に2万人の捕虜を殺したという記録もあるし、映画の中で祭祀を執り行う神官が言う”ククルカン”はアステカの神である。生贄の場面では、心臓をえぐりだし、首をばっさり切りって、神殿の階段を転がすが、首じゃなくて、体を転がしたという記録はあるらしい。その為、神殿の階段は急傾斜になっている。

現在でも、神殿の遺跡が残っているが、さすがに急階段で天辺まで登ったら、ゼエ~ゼエ~言うよ~きっと!

それにしてもマヤ帝国は6,7世紀を全盛期とし、15,6世紀にスペイン人が入植した頃は、既に衰退に向かっていたというが、何故滅亡したのかはいろんな説があって、解っていない。当時の入墨やアクセサリーや原住民の生活などなど、文明を築く人類の知恵や文化をこうして映像化されて観ることができるのは嬉しいね~。

ギブソン監督の次回作も期待したい。



FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ



コメント

非公開コメント

eigazanmai

映画・えいが・EIGA・CINEMA・MOVIEは人生になくてはならないもの、我が映画館へようこそ!!

記事中に、いくつも作品がでてきます。
続きを読むと、関連作品や映画にまつわる話を紹介してますので、どうぞ最後まで楽しんでご覧下さい!

コメント・トラックバック大歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。