スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス式♡恋愛♡とは・・

イギリスを舞台にした映画
12 /28 2006
プライドと偏見 プライドと偏見
キーラ・ナイトレイ (2006/11/30)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る

原題:PRAIDE & PREJYUDICE
題名:プライドと偏見
主演:キーラ・ナイトレイ
監督:ジョー・ライト
本編分数:127分
DOLBY 5.1chサラウンド

煮え切らない男と素直になれない女!

ジェーン・オースチン原作の『プライド&偏見』は、イギリスらしい映画だ。


続きを読むとあと3つ紹介してます。


FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ

原作本は子供の頃に文芸作品として読んだので、民族的な違いなど解らなかったが、大人になり恋愛をして、また外国人と接する機会があれば、何故この登場人物たちが、素直に”好き”と言えないのか、少し理解できるようになった気がする。

とにかくこの映画に出てくる男たちは煮え切らない。黙ってキスすれば~って感じだし、素直に自分の心の内を言葉に表せないプライド高き女たちには、何もいわずに彼の胸に飛び込めば~って感じ!

「好きだ!愛してる!I LOVE YOU!I NEED YOU!」が、なかなか言えないのだ。
しかし、この焼き持ちする感じがいいのかも知れない。

管理人もイギリス滞在中に多くの外国人と接する機会があったのだが、人にもよるけど、イギリス人は頬にキスするときも、していいかどうか聞くときがある。
ラテン系やアメリカ人は何にもいわず、はしゃいで抱きついてキスしてくる。(人にもよりますが・・)

その点では、日本人はイギリス人とよく似ていると思う。えてして礼儀正しく、相手が嫌うことは避ける傾向にあるし、思ったことをはっきりと言わないところもある。

管理人はシェークスピアを愛する人間である。

シェークスピアは多くの恋愛物を書いているが、男と女のすれ違いをコミカルに表すのが得意だと思う。ハラハラドキドキしながら、作品を楽しんだ記憶がある。まさにシェークスピアの国だ。

この手の映画は、イギリス人俳優のヒュー・グラントが出る映画を観ると良くわかる。エマ・トンプソンと共演した『いつか晴れた日に』やジュリア・ロバーツと共演の『ノッティングヒルの恋人』などだ。

また、アンソニー・ホプキンス主演の『日の名残り』もおすすめだ。

イギリス好きの管理人には、もうひとつの楽しみは風景だ。
なだらかな緑の丘と広大な土地をもつマナーハウスや低い雲を映画の中で楽しむのも嬉しいひとときである。



いつか晴れた日に いつか晴れた日に
エマ・トンプソン (2006/11/29)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る

原題:SENSE & SENSIBILITY
題名:いつか晴れた日に
主演:エマ・トンプソン
監督:アン・リー
本編分数:136分
DOLBY 5.1chサラウンド

ノッティングヒルの恋人 ノッティングヒルの恋人
ジュリア・ロバーツ (2006/12/22)
松竹
この商品の詳細を見る

原題:NOTTING HILL
主演:ジュリア・ロバーツ
監督:ロジャー・ミッチェル
本編分数:123分
dts 5.1chサラウンド

日の名残り コレクターズ・エディション 日の名残り コレクターズ・エディション
アンソニー・ホプキンス (2002/10/23)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る

原題:REMAINS OF THE DAY
題名:日の名残り
主演:アンソニー・ホプキンスエマ・トンプソン
監督:ジェームス・アイヴォリー
本編分数:134分
DOLBY 5.1chサラウンド

コメント

非公開コメント

eigazanmai

映画・えいが・EIGA・CINEMA・MOVIEは人生になくてはならないもの、我が映画館へようこそ!!

記事中に、いくつも作品がでてきます。
続きを読むと、関連作品や映画にまつわる話を紹介してますので、どうぞ最後まで楽しんでご覧下さい!

コメント・トラックバック大歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。