スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不器用な女性が幸せを掴む術を見つける!なんとなくほのぼのとした幸せな気分になるよ!

勇気と元気が出る映画
11 /05 2007
マーサの幸せレシピマーサの幸せレシピ
(2003/05/23)
マルティナ・ゲデック、セルジョ・カステリット 他

商品詳細を見る

原題:Mostly Martha
題名:マーサの幸せレシピ
出演:マルティナ・ゲデックセルジオ・カステリット、マクシメ・フェルステ 、ジビレ・カノニカ、カーチャ・シュトゥット
製作:カール・バウムゲルトナー 、クリストフ・フリーデル
監督/脚本:サンドラ・ネットルベック
撮影:ミヒャエル・ベルトル
本編分数:105分
製作国:ドイツ
製作年:2001年
不器用なのは男だけじゃないなあなんて感じさせる映画。この映画の主人公マーサも生きることに不器用で、苦手な人間関係に悩み、自分の殻に閉じこもる女性だ。

そんな自分を変えたいと常に思っていて、

FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ

セラピーも受けているが、自己主張の手段として、得意であり自負をもっている料理でしか自分を表せず、セラピストのカウンセリングのときも料理を振舞ってしまう。

そんな彼女の唯一の家族であり、よき理解者であるたった姉が、一人娘を残したまま、交通事故で亡くなってしまう。ただでさえ、人と付き合うことが苦手なのに、8歳の子供と一緒に暮らし始めるなんて・・
働く独身女性の複雑な心理描写をドイツ人女優のマルティナ・ゲデックが見事に演じている。

どこにでもいそうな不器用な人間。ただ彼女には料理の味だけは誰にも負けない自信がある。ハンブルグでフランス料理店の一流シェフであり、完ぺき主義者のマーサは、姉の葬式やら姪の学校のことやらなにやらで、初めて1週間ほど店を休む。店の評判が悪くならないよう、店主は新しいイタリア人のシェフ、マルコ(セルジオ・カステリット)を雇っていた。自分の居場所を取られてしまい、心のよりどころにしていた姉を失い、一人暮らしに慣れていたのに、姪との同居を強いられ、まして子供と!最悪の状態のマーサは、やるせない思いをマルコに八つ当たりしてしまい、また自己嫌悪に陥る。

マルコは、持ち前の明るさで、厨房の仲間とも打ち明け合い、ふさぎこんで学校をずる休みしていた姪のリナも気に入ってしまう。マーサは、人気者のマルコが疎ましくなり、自分にも嫌気が差し、とうとうリナを長い間疎遠だった父親のもとへ追いやってしまうのだ。

なぜ、こんな不器用なマーサが幸せになったのか?

マルコがマーサと接するとき、イソップの童話「北風と太陽」を思い出す。なぜかって。マーサはなんでも完璧にしようと、肩肘張って生きていて、どんな強い嵐でも負けない、くじけない。(と自分で思っている)旅人マーサは、北風が突風を吹きつけてもコートを脱ごうとしないが、太陽が、暖かい明るい日差しを旅人に照らすと、コートを脱ぐ。

次第にマーサはマルコの優しさに心のコートを脱ぎ、マルコの愛情のこもった料理に、自分にないものを見いだすのだ。

マーサはかけがえのない家族であるリナを迎えに行き、マルコと結婚して三人で幸せに暮らすのだった。

ちゃんちゃん、おしまいって感じなんだが、なんと観終わった後、ほのぼのとした気持ちになる。そして明日から、あの人には素直に優しく接してみようなぁ~んて、思うわけである。おっと勘違いのないようでください。いつも人に冷たく意地悪ってわけじゃなく、肩肘張って生きなくて、時には、重い重い厚いコートを脱いでみよう!たまには妥協して、破目をはずしてみようってこと!

主演のマーサを演じたマルティナ・ゲデックは、ドイツ・ミュンヘン生まれ。この映画で、ドイツ映画賞最優秀主演女優賞などを受賞して、いま注目されている女優でもある。この『マーサの幸せレシピ』は、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演で『幸せのレシピ』としてハリウッドでリメイクされており、ロバート・デニーロ監督の最新作『グッド・シェパード』にも出演している。また、第79回アカデミー最優秀外国語映画賞を受賞し、監視社会にあった東ドイツを描いた『善き人のためのソナタ』で、反体制派の劇作家と同棲していた女優を演じている。これから楽しみな女優の一人だ。

マルコを演じたのは、ご存知イタリアの名優、セルジオ・カステリットで、リュック・ベンソンが監督し、ジャン・レノが出演した伝説的な映画『グラン・ブルー』にも出てたなぁ~。だけど、数々の出演作品の中で、管理人は、彼自らが監督脚本を手懸けた『赤いアモーレ』が、印象的だった。ペネロペ・クルスも魅力的だったが、愛人も、美しい妻も、仕事も捨てきれないエリート医師の複雑な心情を見事に演じている。最近では、ソフィア・ローレンとともに、イタリアの国民的俳優であるマルチェロ・マストロヤンニのドキュメンタリー映画『マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶』にも出演している。この映画、懐かしいシーンがいっぱい!

『マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶』公式サイト

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ の『幸せのレシピ』公式サイト

どちらも合わせて観てみては・・

ハリウッド版の『幸せのレシピ』で、マルコにあたる役は、『エリン・ブロコビッチ』でジュリア・ロバーツの相手役をしたアーロン・エッカートだよ~ん。ほら大型バイクに乗ったマッチョマンが出てたでしょ!これも楽しみ・・



FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ

コメント

非公開コメント

eigazanmai

映画・えいが・EIGA・CINEMA・MOVIEは人生になくてはならないもの、我が映画館へようこそ!!

記事中に、いくつも作品がでてきます。
続きを読むと、関連作品や映画にまつわる話を紹介してますので、どうぞ最後まで楽しんでご覧下さい!

コメント・トラックバック大歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。