スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒッチコックの傑作をおなじみジェームス・スチュワートとグレース・ケリーで!グレースの輝きに釘付けになる!

映画の醍醐味を味わうとき
05 /08 2007
裏窓 [DVD]裏窓 [DVD]
(2012/09/26)
ジェームズ・スチュワートグレース・ケリー

商品詳細を見る

原題:REAR WINDOW
題名:裏窓
出演:ジェームズ・スチュワートグレース・ケリーセルマ・リッター、ウェンデル・コーリー、レイモンド・バー、ジュディス・イブリン、ロス・バグダザリアン
製作/監督:アルフレッド・ヒッチコック
原作:コーネル・ウールリッチ
脚本:ジョン・マイケル・ヘイズ
音楽:フランツ・ワックスマン
美術:ハル・ペレイラ、ジョゼフ・マクミラン・ジョンスン
本編分数:113分
製作国:アメリカ
製作年:1954年
なんといってもグレース・ケリーが輝くほど美しい!!

舞台は、中庭をはさんだ4棟のアパートだけ。
登場人物も少ない。
かっこいいアクションもない。
なのに、ぐいぐいと観客を引き込む。名作ならではの楽しみである。


FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ



もうひとつの楽しみは、出演しているだけで、観たくなる俳優たちだ。
いまや伝説的な女優、グレース・ケリー。彼女のファンは、世界中にいる。モナコのレーニエ国王をとりこにしたその美しさから、1956年にモナコ王妃となり、82年に悲劇の自動車事故で亡くなった不滅のスターである。ヒッチコックのお気に入り俳優のひとりで、『喝采』や『上流社会』など数多くの作品に出演している。もちろんオスカー俳優である。

彼女が映像の中に出てくるだけで、釘付けになるほどだ。特にこの『裏窓』では、報道カメラマンであるジェフ(ジェームズ・スチュワート)の恋人役で、売れっ子ファッションモデルのリザという設定だが、好奇心が強く、勇敢でかわいい女性を演じていて、登場してくるとピカッと映像が輝くようだ。

あらすじは、4棟のアパートの一室で、足を骨折し療養している報道カメラマン・ジェフ(ジェームズ・スチュワート)が、退屈しのぎに望遠カメラや望遠鏡で、周りのアパートの部屋を観察していて、不審な男が妻を殺したのではないかと疑いはじめる。車椅子上のジェフの代わりに、彼が止めるのも聞かず、恋人のリザ(グレース・ケリー)が、向かいのアパートに忍び込み、証拠を探ろうとする。家政婦のステラ(セルマ・リッター)も手伝って、死体を埋めたのではないとと思って、中庭を掘ったりする。向かいのアパートの不審な男ラーズ・ソーワルド(レイモンド・バー)は、ついに殺人を見破られたと知り、ジェフを襲うのである。

ヒッチコックのサスペンスの醍醐味を味わえる作品で、向かいのアパートの各部屋をジェフがのぞくのだが、離れているので、相手の声は聞こえない。しかし、彼らの動きで、その心が読み取れるというパントマイム的な演技がすごい。ジェフが“ミス・ロンリー”と名づけた女性は、寂しい一人暮らしで、薬を飲んで自殺しようとするが、上の階の男性がピアノを弾き出すと、その手を止めた。また別の階では、新婚夫婦らしき男女がカーテンを閉め切っていて、男が窓際で溜息をついていると後ろから誰か(つまり新婦)が呼んでいる。それぞれの部屋の様子と住んでいる人たちの心の動きまでをジェフの眼を通して観客が観るように演出しているのだ。

「隣は何をする人ぞ」とのぞくのは、あまり良い趣味ではないが、なぜかジェームズ・スチュワートが演じると、まったく陰湿でなくなる。
この俳優のイメージがそうさせた。『グレン・ミラー物語』『素晴らしき哉、人生』で良き夫、やさしい男を演じ、明るく前向きで人望のある人物のイメージがこびりついているジェームズ・スチュワートを起用したのは、ヒッチコックの手腕のひとつであろう。『めまい』『ロープ』などヒッチコックの作品には、ケーリー・フランドと同じく多く出演している名優である。1984年にはアカデミー名誉賞を受賞している。

映画の中で出てくる小道具も見逃せない。ラーズがジェフの部屋へ入ったとき、車椅子で動けないジェフは、真っ暗な部屋で、カメラマンらしくフラッシュを焚いて防御する。この目くらまししたときのシーンでの残像現象の効果がすばらしい。
グレース・ケリー演じるリザは、一流のファッションモデルらしく優雅で、小さなバッグから、ふわふわとしたネグリジェを出したり、高級レストラン“21”からディナーの出前を頼んだりする。しかし、ジェフが起きてるときに読んでたカメラの雑誌を、ジェフが居眠りをしたとたんに、さっとファッション雑誌“ヴォーグ”にすりかえる。男性に従順に見せかけておいて、実は自分の好きなことに夢中な無邪気な女性を、この小道具だけで演出しているのだ。すばらしい!!

家政婦役のセルマ・リッターやラーズ役のレイモンド・バーの演技も見逃せない。セルマ・リッターは名脇役で、スーザン・ヘイワードと共演した『わが心に歌えば』で看護婦の役をしていたのが印象に残っている。
レンモンド・バーは、ご存知の方も多いだろうが、人気TVシリーズの「ペリー・メイスン」や「鬼警部アイアンサイド」といった長寿番組に出演していた。番組ではおなじみ若山弦蔵が吹き替えをしていた。

最近、この『裏窓』を現代風にアレンジしたリメイク版『Disturbia』が、アメリカの興行収入の第1位になっていた。
観比べてみるのもいいかも・・


FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ

コメント

非公開コメント

eigazanmai

映画・えいが・EIGA・CINEMA・MOVIEは人生になくてはならないもの、我が映画館へようこそ!!

記事中に、いくつも作品がでてきます。
続きを読むと、関連作品や映画にまつわる話を紹介してますので、どうぞ最後まで楽しんでご覧下さい!

コメント・トラックバック大歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。