スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二次世界大戦の終戦はこのようにして迎えられた!事実を元に・・

頑張って日本映画
02 /23 2007
日本のいちばん長い日 日本のいちばん長い日
三船敏郎 (2005/07/22)
東宝
この商品の詳細を見る

題名:日本のいちばん長い日
出演:三船敏郎笠智衆山村聡加藤大介志村喬
監督:岡本喜八
本編分数:158分
製作国:日本
製作年:1967年
悲惨な戦争の終わりは、こんな一日でだった。この『日本のいちばん長い日は』は、事実にもとづき、第二次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)の終戦日を、どのようにして迎えたかを描いた映画です。
1945年7月26日、日本に無条件降伏を迫るポツダム宣言が


FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ
発せられた。日本政府は、連日、緊急閣議を行なわれ、それを「黙殺」すると発表した。が、8月6日に広島、同月9日は長崎に原爆が落とされたのだ。
同月10日の御前会議で、昭和天皇が戦争終結を望まれ、宣言受託が採決されるが、阿南陸相(三船敏郎)ら陸軍の猛反対で、決議がなされず、再び14日の御前会議が開かれた。天皇が「国民にこれ以上の苦痛をなめさせることは忍びない」と述べられ、ここにポツダム宣言に受託方針が決まった。
そして8月15日、午前7時21分の玉音放送(天皇の声を玉音と言った)により、国民は日本の降伏と終戦を知るのである。

この20日間の日本政府の閣議の議論や、その間も戦争が行われていた事実、そして最後まで”本土決戦”を叫ぶ陸軍の青年将校(黒沢年男・中丸忠雄など)たちのクーデターなどを息もつかせず、描いて観せる。

8月15日に自刃した阿南陸相を三船敏郎、鈴木総理に笠智衆、米内海相に山村聡志村喬宮口精二加山雄三など、各俳優が熱のこもった演技をしている。特筆すべきは、戦争を経験している俳優たちがいることだ。リアルなんですよ。

原爆を落とされ、決定的に日本は敗戦であったにもかかわらず、閣議の間も戦争は続けられた。15日の午前零時に特攻隊が出撃する場面もある。事実、終戦日のあとで戦死された方々もたくさんいるのである。

多くに人にこの映画を観てもらいたいと思う。


FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ


FC2ブログランキング参加中!ポチっとお願いしますm(_ _)m



FC2ブログランキング


コメント

非公開コメント

興味深いのは

これで一番興味深いのは、最後の方で報道部員の江原が、局長の志村喬に聞き、志村が答えるシーンだと思います。
江原は聞きます「なんで、こんなにめんどくさい手続きをするのでしょうか」と志村は答えます。
「大日本帝国と言う国を終わらせるための儀式なんだ」
日本人は、どこでも、いつでも儀式が好きなのです。中国人はもっとすごいのですが。

eigazanmai

映画・えいが・EIGA・CINEMA・MOVIEは人生になくてはならないもの、我が映画館へようこそ!!

記事中に、いくつも作品がでてきます。
続きを読むと、関連作品や映画にまつわる話を紹介してますので、どうぞ最後まで楽しんでご覧下さい!

コメント・トラックバック大歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。