スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けざる者/不可能を可能にした男たち

アフリカを舞台にした映画
12 /16 2013
インビクタス / 負けざる者たち Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)インビクタス / 負けざる者たち Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/07/14)
モーガン・フリーマン、マット・デイモン 他

商品詳細を見る

原題:INVICTUS
題名:インビクタス/負けざる者たち
出演:モーガン・フリーマンマット・ディモン、レレティ・クマロ、マット・スターン、ザック・フィナティ、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン、パトリック・リスター
製作:ロリー・マクレアリー、ロバート・ロレンツ、メイス・ニューフェルド、クリント・イーストウッド
監督:クリント・イーストウッド
撮影:トム・スターン
脚本:アンソニー・ベッカム
原作:ジョン・カーリン
音楽:カイル・イーストウッド、マイケル・スティーヴンス
本編分数:134分
製作国:アメリカ
製作年:2009年
ドルビーデジタル 5.1chサラウンド

前回『遠い夜明け』の記事でも書いたが、ネルソン・マンデラが、大統領になってから、国をひとつにしようと思いついたのが、この映画で描かれている、ラグビーのワールドカップ優勝だ。

マンデラは、1964年に終身刑を受け、なんと27年間も獄中生活を余儀なくされた。彼が釈放されたのは1990年。1994年に大統領に選出され、翌年の95年5月に、ラグビーのワールドカップが、この南アフリカ共和国で開催された。

それまで、この国でラグビーは、ヨーロッパ系白人のスポーツであり、アフリカ系には不人気だった。95年のW杯の時も、スプリングボクスというチームには黒人は、一人しかいない。チェスター・ウィリアムだ。

つまり、マンデラ大統領は、このチームが南アフリカで、黒人と白人の和解と、団結の象徴になると考えた。アパルトヘイトのおかげで、世界から制裁を受け、スプリングボクスの成績も低迷し、W杯では、予選落ちするだろうと言われていたが、マンデラは、チームのキャプテンである、フランソワ・ピナールをお茶に呼び、激励する。

この時のシーンは、モーガン・フリーマン演じるマンデラが、マット・ディモン演じるピナールキャプテンに、自らが紅茶を入れて、次のように言う。

「君は、不可能を可能にするため、どのようにして自分を駆り立てる?周囲をその気にさせるのは?」と。
さらに「この国も、今、不可能を可能にしなければならない」と。

映画の中で、ピナール(マット・ディモン)は、長い獄中生活に陥れた人たちを、許せる人が大統領なんだと言っている。
そしてマンデラ大統領は、アフリカ系黒人の、報復の時がきたと、奇声をあげている集会場で、今こそ我々が変わる時だ。この国の将来は、彼らを許すことから始まると、皆を説得するのだった。

映画は、ほとんどが真実に基づき、忠実に描かれている。事実は小説より奇なり。予選落ちにもなろうかという、弱小チームが、世界一になった。出せる力を100%ではなく、120%出したのだ。これは、感動以外の何物でもない。この偉業で、南アフリカ共和国は、ひとつになり、世界から賛美を浴びることになる。

そして、映画の中で、マンデラ大統領が、ピナールキャプテンに手渡す手紙には、一遍の詩が書かれていた。
インビクタスと題された詩は、「我が運命を決めるのは我なり、我が魂を制するのは我なり」である。この詩は、英国の詩人ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの詩「インビクタス」の一節で、運命に負けない不屈の精神を歌っている。

モーガン・フリーマンは、ご存じのとおり、数々の映画で、名脇役を演じてきた俳優である。イーストウッドとタッグを組んだ『ミリオンダラーベイビー』で、遅すぎるアカデミー助演男優賞を受賞した。管理人としては、往年の名女優ジェシカ・タンディと共演した『ドライビング Missデイジー』や、ティム・ロビンスと共演した『ショーシャンクの空に』などが、特に印象に残っている。

フランソワ・ピナール演じるマット・ディモンは、俳優でもあるが、脚本家でもあり、1997年製作の『グッドウィルハンティング/旅立ち』で、主役を演じながらも脚本を書き、アカデミー脚本賞を受賞している。その後も、ヒット作に次々と出演している。

監督のクリント・イーストウッドだが、若い時は、『荒野の用心棒』1964年や『ダーティーハリー』1971年~シリーズなど、アウトローを演じ、監督としても、『ペイルライダー』1985年や『許されざる者』1992年など、どちらかというと、悪者をやっつける正義のヒーローが多かった。しかし、2003年の『ミスティックリバー』ぐらいからだろうか、『ミリオンダラーベイビー』や、『チェンジリング』のように、苦悩する人々を描き出している。年の功なのだろう。老練なドラマが多くなったような気がする。
1930年生まれだから、今年は83歳。ますます磨きがかかっている。

この映画の圧巻は、ニュージーランドのオールブラックスとの決勝戦だ。彼らは、試合前に必ず、マオリ族の戦士の”ハカ”を踊り、相手を威嚇する。全身黒づくめのユニホームで大声を上げながら踊るのは、かなり迫力がある。当時、このチームには、怪物がいた。ジョナ・ロムーだ。暴走機関車とか、空飛ぶ巨象と言われ、彼にボールを渡せば、爆走しトライする。

この年、日本もニュージーランドとあたり、17対145という大敗を期した。実は、管理人は、同じ年に、イギリスに滞在していて、知り合いのイギリス人たちにからかわれ、かなり恥ずかしい思いをした。言い訳として、日本人で体の大きな人は、相撲や柔道の道に進む人が多いからと・・

話はそれたが、この決勝戦は、実際の試合と全く同じで、日本と違って、徹底的にロムーをタックルした。一人では絶対だめなので、常に3,4人でタックルする。これが、まず、南アフリカチームの作戦だった。ロムーを止めろだ。両チームとも、一つもトライがなく、キック合戦のシーソーゲームだった。

そして試合終了後のロスタイムで、スクラムから出たボールがパスされ、ゴール正面からキックする。弧を描く楕円の白いボールが、スローモーションで映し出される。観客が息を呑むときで、音はない。ボールがボールポストに入った瞬間、ゴーッという観客席からの歓声が、スタジアムにひびく。そして、ノーサイド。

まさに奇跡の瞬間である。

この瞬間に、南アフリカ共和国は、不可能を可能にしたのだ。




FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ


ポチッとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログへ



コメント

非公開コメント

eigazanmai

映画・えいが・EIGA・CINEMA・MOVIEは人生になくてはならないもの、我が映画館へようこそ!!

記事中に、いくつも作品がでてきます。
続きを読むと、関連作品や映画にまつわる話を紹介してますので、どうぞ最後まで楽しんでご覧下さい!

コメント・トラックバック大歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。