スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡々と描く映画の中に人生そのものがある!

頑張って日本映画
02 /10 2009
東京物語(TV版) [DVD]東京物語(TV版) [DVD]
(2003/07/25)
宇津井健八千草薫

商品詳細を見る

題名:東京物語
出演:笠智衆東山千栄子原節子杉村春子山村聰、三宅邦子、香川京子、東野英治郎、中村伸郎、大坂志郎
制作:山本武
監督:小津安二郎
撮影:厚田雄春
脚本:野田高梧、小津安二郎
音楽:斎藤高順
本編分数:135分
製作国:日本
製作年:1953年
日常の淡々とした生活を描き、その中に人生のはかなさや、人間の哀しさを描くといえば、日本の巨匠、小津安二郎だろう。

特に、日本映画は、作品の中に出てくる日本人ならではの、物言わぬ演技が多い。身振り手振りの多い欧米人に比べ、ぽつぽつとものを言い、黙っていても相手はわかってくれると思っている日本人。

それゆえに、小津監督の映画の良さは、日本人にしか解るまい、と思っていたら、イギリス人の30代の独身男性が、この映画を観て、感動し泣いたと言っていた。管理人の友人であるそのイギリス人は、優しい性格ではあるが、背は高く、がっしりしていて、物事を論理的に考える生粋のイギリス人だ。

それを聞いたとき、管理人は、どこに感動したか尋ねたら、「イギリスでも似たようなことがある」と言っていた。

確かに、この『東京物語』は、東京と大阪で、独り立ちしている子供たちに会いに、尾道からはるばると、東京へやってくる老夫婦(笠智衆東山千栄子)の物語で、よくある話かもしれない。医者の長男・幸一(山村聡)、美容師の長女・志げ(杉村春子)宅などを転々とするのだが、どこでも、毎日の生活が大変で、親の面倒など見てやる時間がないのだ。さっさと熱海の旅館へ追いやる。唯一、戦争で死んだ次男の嫁、紀子(原節子)だけは、二人を歓待し、東京見物に連れて行ってくれる。

子供たちの仕事や生活に邪魔なのではないかと、尾道へ帰った老夫婦だが、母とみ(東山千栄子)が危篤となり、同居している末娘・京子(香川京子)は、東京へ電報へ打つ。

子供たちはその日の内に尾道へと集まるが、母はこん睡状態のまま、帰らぬ人となる。

長女は、悲しむが、「喪服をもって着てよかったわ!」とか、「形見に帯をもらっとくわ!」などと言い、長男ともども子供たちは、葬式が終わった日に、あわただしく東京へと帰っていった。

しばらく残ったのは、仕事を休んだ紀子だけだった。末娘の京子は、兄や姉たちの言動に腹を立てた。しかし、次男の嫁が、「みんな自分の生活が一番なのよ。仕方がないことなの。大人になればわかるわ。」と慰める。だが、その嫁も、亡くなった自分の夫の写真を部屋に飾っていても、忙しくて見ない日もある。段々と忘れていっている自分が恥ずかしいと義父にもらす。

義父の周吉(笠智衆)は、素直な紀子に「あんたが善い人だから、そんなに悲しいんだじゃよ」という。そして、妻とみの時計を、形見として紀子に渡す。

紀子が帰り、周吉は一人縁側で、団扇を仰ぎながら、座っている。いつもの生活が戻ったのだ。
しかし、その丸くなった背中が、今までとは違う生活を語っている。

死と生が、隣り合わせにいる人生。人の死はいつ来るのかわからない。死が来るまで、人は一生懸命生きていく。今となっては、老夫婦で東京に行ったことが、良い思い出となっている。

子供の頃に、この映画を観たときは、なんと、かわいそうなおじいさんとおばあさん。苦労して育てた子供たちに、邪険にされて、なんて思っていた。ちょうど末娘、京子に同調したものだった。

が、大人になり、仕事や家庭に追われると、親のことを気にかける余裕すらない。便りのないのは元気な証拠だと思っているだろうと、親の気持ちを理解することなど、さらさらなかった。

そのうち、若い世代の部下を持ち、子供も大きくなり、年を感じ始める頃、この映画を観ると、なんともいやはや、家族を抱えた長男の気持ちや、仕事に生きがいをもつ長女の気持ちが理解できるのである。

若い末娘も結婚して、子供を持ち、生活に終われ、年老いていく。自分の生活に追われている長男や長女も、いつか年老いて、子供たちに自分が親にしたように、同じことをされることだろう。

管理人は、いつもよい映画を何度も観るとき、その時々で、感じ方や観かたが変ると思っている。それが映画の良さでもあり、おもしろいところであり、永遠なのだと。

いつも人は、いろんな役を演じているのだ。よく人は、死に際に、「もう私の役目は終わった。思い残すことはない」などという。

シェークスピアは、”世界は舞台”であり、”人間はみな役者”だといった。

そして、人の一生は、7場の劇で、人間は、生涯のうちに七つの役を演じるのだと。第1は赤ちゃんで、ピーピー泣いてばかり、第2は、小学生時代、カタツムリさながら、いやいや学校に行く。第3は恋人時代。その次は兵隊の役。泡のような名声を求めて、敵の大砲筒めがけて突撃する。第5は裁判官。腹はデップリ太鼓腹、型にはまった格言ばかり、人を裁きたがる。第6場は、痩せこけて、鼻眼鏡のずり落ちそうな老人役。そして、「この波乱万丈の奇妙な芝居」の幕切れは、「歯もなく、目もなく、味もなければ何もない、まったくの忘却」に終わるというのだ。(『お気に召すまま』より)


それなら、その時々の役を演じ切り、毎日を暮らせばよい。そして役のない人間はいない。必ず、役目がある。

しかし、管理人は思うのである。役者でありながら、脚本家も監督も、そして音楽も、自分ですれば、自分の人生を思うように、創りあげることが出来るのではないかと。




FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ







コメント

非公開コメント

eigazanmai

映画・えいが・EIGA・CINEMA・MOVIEは人生になくてはならないもの、我が映画館へようこそ!!

記事中に、いくつも作品がでてきます。
続きを読むと、関連作品や映画にまつわる話を紹介してますので、どうぞ最後まで楽しんでご覧下さい!

コメント・トラックバック大歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。