脚本よし!俳優よし!おすすめ作品!

スカッとする映画
06 /22 2010
L.A.コンフィデンシャル 製作10周年記念 (初回生産限定版) [DVD]L.A.コンフィデンシャル 製作10周年記念 (初回生産限定版) [DVD]
(2008/06/13)
ラッセル・クロウガイ・ピアース

商品詳細を見る

原題:L. A. Confidential
題名:L.A.コンフィデンシャル
出演:ケヴィン・スペイシーラッセル・クロウガイ・ピアースキム・ベイシンガーダニー・デヴィート、ジェームズ・クロムウェル
監督:カーティス・ハンソン
製作:アーノン・ミルチャン、カーティス・ハンソン 、マイケル・ネイサンソン
撮影:ダンテ・スピノッティ
原作:ジェームズ・エルロイ
脚本:ブライアン・ヘルゲランド、カーティス・ハンソン
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
美術:ジャニーヌ・クラウディア・オップウォール
本編分数:120分
製作国:アメリカ
製作年:1997年
Amazonから『L.A.コンフィデンシャル』 製作10周年記念 (初回生産限定版) [DVD]が出ている。あの『グラディエイター』でアカデミー主演男優賞を受賞したラッセル・クロウの出世作と言ってよい作品だ。

1997年の製作だから、すでに10年以上も経っているが、当時、ラッセルは33歳。共演のガイ・ピアースは、30歳で、ベテランのケヴィン・スペイシー38歳と、意気揚々とした男達が、敏腕刑事に扮し、警察と暗黒組織との癒着を暴く、最後の結末が、なんともいやはや予想外の展開で終わったが、まったく違和感がなく、むしろ収まるところに収まったという感じだった。

1997年に初めてこの映画を観たときに、往年の輝かしい女優の再来かと思わせたキム・ベイシンガーの色っぽさにまず、圧倒され、汚職刑事と戦う若い刑事バド・ホワイト(ラッセル・クロウ)とエド・エクスリー(ガイ・ピアース)の体当たりの演技に”う~ん”とうなったことを思い出した。この二人、この頃はまだ、無名といっていいほどだったが、ただのアクション映画ではなく、頭脳戦も観せ、人間の悲喜こもごもも観せてくれ、演技力と脚本の良さに満足した。しかも、しっかりとベテランのケヴィン・スペイシーダニー・デヴィート、ジェームズ・クロムウェルが、脇を固めている。もちろん97年度(第70回)アカデミー賞で、最優秀脚色賞と助演女優賞(キム・ベイシンガー)受賞している。

時は1950年代のロサンジェルス。あるコーヒーショップで、男女6人の惨殺された。相棒を殺された、ロス市警の刑事・バズ(ラッセル・クロウ)は、上司のボス、ダドリー・スミス警部(ジェームズ・クロムウェル)の忠実な部下で、口より手のほうが早い熱血漢だった。が、ことこの事件だけは、私情が入り、いつも冷静で出世に目のないエド・エクスリー刑事(ガイ・ピアース)とは反目していた。バズは捜査線上で、リン(キム・ベイシンガー)という女と接触し、その美しさに恋に落ちる。リンは、ハリウッドの女優に似せた”白ユリの館”という秘密売春組織の娼婦だった。金のために、客をとる。その客の中には、町の有力者もいた。

一方、、”LAコンフィデンシャル”というタブロイド誌の記者シド(ダニー・デヴィート)と結託して羽振りをきかせ、刑事ドラマ”名誉のバッジ”のアドヴァイザーも務める狡猾なジャック・ヴィンセンズ刑事(ケヴィン・スペイシー)も、別の捜査から”白ユリの館”につきあたり、捜査を進めるうちに、ヘロインにからんだ警察官がいることを突き止めた。そのボスがスミス警部だった。ジャックは、一人で、スミスの自宅に行ったが、逆に殺されてしまう。

売春組織の元締めピアス・パチェット(デイヴィッド・ストラサーン)は、シドに、リンがエドを誘惑するところを、写真に撮らせた。シドが、事件に絡んでいると見たスミス警部は、バズに尋問させた。そして、シドからリンとエドの写真を見せられ、激怒し、シドを殴り殺さんばかりだった。ところが、これは、スミスの陰謀で、ジャックのように、ヘロインの利権争いを見つけたエドが邪魔だった。これで、バズがエドを殺してくれると思った。

エドは、怒り狂ったバズに、殴られながらも、警察と暗黒組織の癒着を二人で暴こうと説得する。バズは、事件解明のため、手を組み、地方検事を締め上げ、スミスが暗黒組織とつながり、売春組織との関連して、裏社会を牛耳ろうとすることを突き止めた。が、スミスの罠にはまり、銃撃戦となる。

バズは、撃たれ、致命傷を負うが、スミスを倒した。エドは、警察の汚点を市民に知らせたくない警察幹部と、地方検事に提案し、一連の事件を警察が解決し、スミスは殉職したようにシナリオを創った。彼はその功績で、昇進した。バズは、娼婦をやめたリンとともに、旅に出る。

二人の相反する刑事が、それぞれの道を行く。

バズやシドやら、エドやらリンやら、なんだか、ややこしいけど、それぞれの登場人物が、個性的でいて、いるよいるよ~こんな人間てな具合で、観客に感情移入させるように演じてくれている。つまり、どこにでもいる人間模様が、観客の共感を呼ぶ。

そして、しっかりとした悪を許さない正義感の強い刑事を、エドとバズ、そしてジャックが、それぞれのカラーを出している。

悪を利用し権力を得る者、悪を許さず潔癖な愛を求める者、上手に世渡りするが、悪を許せない者。
あなたは、どのタイプに共感しますか?

社会悪に立ち向かう男達を軸に、ラブストーリーや人間模様を、巧みに織り交ぜた脚本は、何度も観たい骨太の映画にした。脚本は、『陰謀のセオリー』『ポストマン』のブライアン・ヘルゲランドとカーティス・ハンソン

監督は、『激流』カーティス・ハンソン

おすすめの一品である。







FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ


ポチッとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト

eigazanmai

映画・えいが・EIGA・CINEMA・MOVIEは人生になくてはならないもの、我が映画館へようこそ!!

記事中に、いくつも作品がでてきます。
続きを読むと、関連作品や映画にまつわる話を紹介してますので、どうぞ最後まで楽しんでご覧下さい!

コメント・トラックバック大歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。