久方ぶりの本格エンターテイメント!!

勇気と元気が出る映画
08 /22 2011
バーレスク [DVD]バーレスク [DVD]
(2011/04/27)
クリスティーナ・アギレラシェール

商品詳細を見る

原題:BURLESQUE
題名:バーレスク
出演:クリスティーナ・アギレラシェールクリステン・ベルキャム・ギガンデットスタンリー・トゥッチ、エリック・デイン、アラン・カミング、ジュリアン・ハフ、ピーター・ギャラガー
製作総指揮:ダナ・ベルカストロ
監督:スティーブン・アンティン
製作:ドナルド・デ・ライン
撮影:ボジョン・バッゼリ
脚本:スティーブン・アンティン
音楽:クリストフ・ベック
衣装(デザイン):マイケル・カプラン
本編分数:120分
製作国:アメリカ
製作年:2010年
久方ぶりに、本格的なエンターテイメントを愉しんだ。以前、パリの赤い風車でおなじみの”ムーラン・ルージュ”に行った時、これぞエンターテイメントとため息をもらしたことを思い出した。一秒たりとも、全身の筋肉がゆるむことなく、隙のないダンスと歌とトーク。客を楽しませる以上に芸術だ。客もかたずをのむ暇もなく、目はくぎ付け、半口を開けたまま、「I can't believe it!」と、首を少し左右に振る。身体で感じ、寝るが寝るまで、余韻に酔いしれる。映画を観ていて、舞台を観るようだった。

そんなプロフェッショナルなショーは、アカデミー主演女優賞とグラミー賞を受賞しているシェールならではで、またこの大物エンターテイナーに引けを取らないクリスティーナ・アギレラの歌唱力が、この映画を上質に仕上げている。

この手のエンターテイメント映画は、ロブ・マーシャル監督の『シカゴ』があるが、この映画もテンポがよく、二枚目俳優のリチャード・ギアも歌ったりなんかして、がんばってたよね。この映画では、なんといっても、レニー・ゼルウィガーとキャサリン・ゼタ=ジョーンズ の歌とダンスの合戦が魅力的だった。さすがは、元振付師のロブ・マーシャル君と思ったが、いかんせん、この二人には申し訳ないが、歌唱力で差がついた。

さらに、これは管理人の独断と偏見によるものだが、このロブ君、『SAYURI』で、主人公に中国人を使った。日本を舞台にした映画に、日本の文化である舞子に中国人か~~と思い、これから管理人はロブ君が嫌いになった。まっ、日本人が欧米人の区別がつかないのと同様に、欧米人から見れば、東洋人は皆同じに見えるのだろう。・・・・・・しかし、あれはいかん!

まぁ、『NINE』は、まあまあだったね。だって、俳優が、アカデミー賞受賞者のダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール・キッドマンに、ソフィア・ローレンまで、起用している。これほどの大物ばかり使って、駄作であったら、映画界から抹殺だね。


話はそれたが、脇を固める俳優陣に『マスク2』のアラン・カミング、『ジュリー&ジュリア』スタンリー・トゥッチ『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』のエリック・デインと今、話題の俳優たち。

特に、スタンリー・トゥッチは、『プラダを着た悪魔』と先の『ジュリー&ジュリア』で、あの名女優メリル・ストリープと共演し、働く大物女性を陰で支えるタイプでは、天下一品だ。管理人としては、99年の『真夏の夜の夢』でパックを演じた時、シェークスピアならではの小気味良いせりふ回しに、イギリス人俳優だとばかり思っていた。が、イタリア系アメリカ人だった。
『Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?』のハリウッド版で、竹中直人の役を演じたことをご存知の方も多いだろう。

さて、映画のあらすじは、クリスティーナ・アギレラ演じるアリが、一流の歌手を目指し、片田舎から夢を追い求めてロスへやってくる。そこで偶然目にしたゴージャスでセクシーなダンスと、テス(シェール)の魅力的な歌だった。クラブの経営者であるテスに面会を求めるが、相手にされず、バーテンダーのジャック(カム・ジガンティ)の紹介で、ウェートレスをしながら、ダンサーのオーディションを受ける。はじめは、バックのダンサーだったが、クラブの花だったニッキ(クリステン・ベル)が、アル中のため舞台から降ろされた腹いせに、ショーを台無しにしようとしたとき、アリは、バック演奏なしで、歌を歌い始める。その歌唱力に、皆、感嘆の声をあげ、テスは降ろされようとした幕を上げさせた。

それから、アリを中心に、毎夜、ゴージャスなショーが繰り広げられ大盛況だが、実は、テスが経営する”バーレスク・ラウンジ”は、借金に追われ、期限までにお金をつくらないと、銀行から差し押さえられることになっていた。共同経営者の元夫ヴィンス(ピーター・ギャラガー)は、不動産屋で、毎夜、クラブにくるマーカス(エリック・デイン)に店を売ろうとする。しかし、それをかたくなに拒むテスは、命をかけてクラブを守ろうとする。

結末は、ハッピーエンドなのだが、脚本はともかくとして、”バーレスク・ラウンジ”のショーは十二分に楽しめる。6歳のころから舞台を踏んでいるアギレラは、この映画のために曲を書き下ろした。また、シェールは、60代とは思えないセクシーさで、いまでもラスベガスでも、絶大な人気を誇るエンターテイナーだ。

この二人を一つのスクリーンで観ることができるのも、この映画の良さ!

クリスティーナ・アギレラの小柄な体から噴き出る歌とダンス、ハスキーで渋みのあるシェールの歌と演技力、そしてプロフェッショナルなダンサーたち。

午前中は落ち込んで、何もする気がなかった君たち、この映画とともに、勇気と元気が湧き出てくるよ♪♪

音楽だけ楽しみたい方は、こちらで、サウンドトラック版が出ています。試聴もできるよ♪






FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ



ポチッとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト

”苦しみこそ私たちを神に近づける、永遠の勝利は、心で掴むのだ”

勇気と元気が出る映画
02 /07 2009
天と地 特別編天と地 特別編
(2001/04/06)
トミー・リー・ジョーンズヘップ・ティ・リー

商品詳細を見る

原題:HEAVEN & EARTH
題名:天と地
出演:トミー・リー・ジョーンズヘップ・ティー・リー、陳冲 ジョアン・チェンハイン・S・ニョールデビー・レイノルズ
製作:オリヴァー・ストーン、A・キットマン・ホー、 ロバート・クライン
監督:オリヴァー・ストーン
撮影:ロバート・リチャードソン
脚本:オリヴァー・ストーン
原作:レ・リー・ヘイスリップ
音楽:喜太郎
本編分数:141分
製作国:アメリカ
製作年:1993年
ドルビーデジタル 5.1chサラウンド
ひところは、戦争といえば、ベトナム戦争、戦争後遺症に悩む映画といえば、オリヴァー・ストーンとイメージされていたが、戦争を知らない管理人は、なんとも暗い映画という印象だった。最初にオリヴァー・ストーン監督の戦争映画を観たのは、チャーリー・シーン主演の『プラトーン』だった。次に観たのは、トム・クルーズ 主演の『7月4日に生まれて』、確かに二つの映画は衝撃的ではあったが、暗いイメージしか残らず、何度も観ようとは思わなかった。

それと、管理人は、ベトナム戦争の映画で、一番衝撃を受けたのは、若き日のロバート・デニーロとメリル・ストリープ、そしてクリストファー・ウォーケンの『ディアハンター』だったからだ。

されどされど、そんなオリヴァー・ストーンの映画でも、この『天と地』は、なぜかふっと、また観たくなる。
それは、主人公レ・リーの前向きな生き方に共感するからだろうか?はたまたスティーヴ・バトラー少佐(トミー・リー・ジョーンズ)に、人間の性を見たからだろうか?

元気が出ないときに、この映画を観ると、妙に癒された気分になる。不思議なもんだ。

あらすじは、インドネシアの貧しい農村に生まれ、ベトナム戦争に巻き込まれたレ・リー一家。兄たちはベトコンとなり、北ベトナムへ。レ・リーもスパイ容疑をかけられ拷問を受けたり、レイプされたりと、村にいられなくなり、ママとサイゴンで闇市をして暮らすようになる。そしてそこで、裕福な妻のある男性に囲われ、妊娠、出産をし、生活のために娼婦として働くようになる。このとき、スティーヴ・バトラー少佐(トミー・リー・ジョーンズ)と出会い、彼のたっての願いで、結婚しアメリカへ渡る。

しばらくは、子供が生まれ、幸せな日々が続いたが、なれない外国生活と異なった宗教のため、二人の間に亀裂が入り、ましてやスティーヴは、戦争後遺症に悩まされ、とうとう自殺してしまう。

レ・リーは、改めて彼を愛していたことに気づくが、時はすでに遅し。事業で成功を収めたレ・リーは、故郷へ息子たちを連れて帰る。ママと兄たちは、アメリカ帰りの末娘に違和感を抱き、取り戻せない過去が、戦争が、家族の心を引き裂いていた。

が、レ・リーは父や故郷で、教わった仏教の教えを、しみじみと感じ、これからも強く生きていこうと心に誓うのである。

それは最後のシーンで、幼い頃から苦労をし、運命に翻弄されながらも、生きてきた主人公が、発する言葉だった。

天と地の間に居るのだ!
運命に逆らえば、苦しみ
受け入れれば幸せになる
復讐の連鎖を永遠に断ち切る
その歌は心に中にあり
誕生の時から魂が歌い始める
因果がある限り
苦しみこそ私たちを神に近づける
弱気になる時、強くなれと教え、
恐れる時、勇気を持てと教え、
混乱したら、利口になれと教え、
耐え切れなければ、放せばいい
永遠の勝利は、心で掴むのだ
地上では難しい


もちろん、最初から最後まで、この映画を観た後に、印象に残るせりふであるが、「弱気になる時、強くなれと教え、恐れる時、勇気を持てと教え、混乱したら、利口になれと教え、耐え切れなければ、放せばいい」というのは、なんとなく、うなづけるものがある。

観終わった後に、思い出した本があった。それは、ユン・チアンのべストセラー「ワイルド・スワン」だ。あの「マオ―誰も知らなかった毛沢東」の著者でもある。

中国とベトナムでは、舞台こそ違うが、同じ仏教国であり、カトリックが多いアメリカや、多神教の日本からみれば、宗教の壁が価値観を変え、生き方を変えていると納得できる。ユン・チアンはイギリスから、レ・リーは、アメリカから、母国を視ていて、本当は愛国心があるのではないか、と管理人は思うのである。

最近の日本人は、愛国心がないなどという人がいるが、一度でも海外から母国を視ると、誰でも民族魂が宿っているのがわかる。

さておき、管理人は、この最後のせりふのように、時々、耐え切れなくなるので、手放していることが多い。混乱したら、利口にならないといけないとは思うけど、恐ろしいときは、勇気どころか、逃げの一手に限る・・・とも思うのであるが、皆さんはどうですか?

一度、この映画を観てみて!


FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ


ポチッとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログへ


失敗は誰にでもある。「ちょっとばかりの傷で、命を丸ごと捨てることはない」!

勇気と元気が出る映画
06 /30 2008
シービスケット プレミアム・エディションシービスケット プレミアム・エディション
(2004/08/18)
トビー・マグワイアジェフ・ブリッジス

商品詳細を見る

原題:SEABISCUIT
題名:シービスケット
出演:トビー・マグワイアジェフ・グリッジスクリス・クーパー、エリザベス・ハンクス、ゲイリー・スティーブンス、ウィリアム・H・メイシー
製作:フランク・マーシャル、キャサリン・ケネディ、ゲイリー・ロス
監督、脚色:ゲイリー・ロス
原作:ローラ・ヒレンブランド
製作総指揮:ゲイリー・バーバー、ロジャー・バーンバウム・マグワイア、アリソン・トーマス、ロビン・ビセル
撮影:ジョン・シュワルツマン
音楽:ランディ・ニューマン
本編分数:141分
製作国:アメリカ
製作年:2004年
ドルビーデジタル 5.1chサラウンド



この映画はただの競馬馬の話ではない。失敗を恐れず、打たれても打たれても何度も立ち上がる不屈の精神、そしてどんな人間や生き物にも必ず次のチャンスがあるということを教えてくれる。

映画の中には、人生の教訓ともいえる名文句が数々出てくる。
その中でも、有名な台詞が、後にシービスケットの調教師となる西部のトム・スミスが、馬主となるチャールズ・ハワードに云う言葉だ。

「どんな馬でも何かしらの役に立つ。こいつは馬車を引くか、誘導馬としてやっていけるかもしれない。まだめてくれもいいしな・・・ちょっとばかりの怪我をしたからって、命を丸ごとすてることはない。」

続きを読む

美しい自然の風景とリーチェの歌声がなんだか懐かしい~何かに打ち込んだ青春時代って誰にでもあるよね。

勇気と元気が出る映画
05 /13 2008
がんばっていきまっしょい コレクターズ・エディションがんばっていきまっしょい コレクターズ・エディション
(2005/09/21)
田中麗奈、真野きりな 他

商品詳細を見る

題名:がんばっていきまっしょい
出演:田中麗奈、真野きりな、清水真実、葵若菜、森山良子中嶋朋子
制作:周防正行
監督:磯村一路
撮影:長田勇市(J.S.C.)
音楽:和田維純、竹田元
原作:敷村良子
本編分数:119分
製作国:日本
製作年:1998年
舞台は、1976年。女子高校生の青春時代を、懐かしいフォーク調のギターに乗せて、叙情的な映像美を醸し出している。

カメラワークが素晴らしい!特に印象に残った映像は、主人公たち・高校女子ボート部のメンバーが、最後の力を振り絞りながら、ボートを漕ぐシーンで、横から映したり、上から映したり、時にはスローでオールと湖面を映したりと、主題歌の”オギヨディオラ”としっとりと調和していた。ここだけでも観る価値あり!

青春映画は、懐かしくもあり、恐れを知らぬ無鉄砲な若者を描き、その過程で成長していく様を表したものが多い。

観るものは、過去の自分を登場人物に重ね合わせ、若かりし頃を懐かしむ。もう戻ってこない青春時代を・・

な~んちゃって。。。(いつだって青春さ♪)

カメラワークもさることながら、四国・松山の自然の風景をこんなにも美しく撮影するなんて。
夕陽をバックに5人のクルーが乗ったボートがゆっくりと走る場面は、一枚の絵のようだった。そのまま額に入れて飾りたいくらいだ。

スポーツ映画はスローや瞬間瞬間をとらえた映像が多いが、観客はその流れの中で、息をひそめたり、ストップしたり、深く溜息をついたりする。

映画って面白いよね。映像や音楽や演技の中に見る人間たちとのコラボレーションなんだよね。
それのどれがかけても面白くないし、映画らしくない。

田中麗奈の出世作といわれる。主人公悦子(田中麗奈)は、進学校に受かったものの、勉強は落ちぼれ、家族の中でも浮いているし、好きな男子ともうまくいかない毎日で、ボート部になかった女子部を創って、ボートに打ち込む。合宿では、練習の合間に宿題をしたり、花火をしたり、海水浴をしたりと、青春を謳歌するわけだが、最初は、楽しむために始めたボートだけど、今度は勝ちたいと願い、スパルタ練習や腰痛にもめげず、スポーツ根性を出すのである。

わき目も振らず何かに打ち込むことは、美しいことで、ましてや若者となれば、応援したくなるものである。ボートレースのシーンでは、”がんばれ~!まけるな~”なんて、こころで叫びながら観ている。

そして、観終わった後、なにかしらさわやかな気分になるのである。

昔取った杵柄で、またギターを始めて、今、♪オギオディオラ♪の弾き語りに挑戦している。

感化受けやすいんですよね・・・この管理人は・・・・

原作者の敷村良子は、”第4回坊ちゃん文学賞”を受賞している。

あの♪この広い野原いっぱい♪の森山良子が、主人公の母親役で、なんとまあ上手な松山弁で。いい演技してるよ。’70年代に活躍したフォークシンガーである。当時は、ギターを弾きながら歌える女性シンガーはめずらしかったらしい。

コーチ役の中嶋朋子は、、ロングランテレビドラマ『北の国から』で、黒板蛍役で一躍有名になった子役出身の演技派女優で、最初はやる気のまったくないコーチだったが、主人公・悦子が「わたし・・ボートしかないんです。」と言ったとき、自分が若い時も同じだったことに気づき、だんだんとクルーたちと一体になっていく様子がうまく出ていた。そういえば、『北の国から』、で子役の黒板純役だった吉岡秀隆も『ALWAYS 三丁目の夕日』でおいさんを演じてたね~。


リー・テッシュが歌っている挿入歌が試聴、ダウンロードできます♬



FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ


あっという間にリズムに乗ってる!懐かしい80年代のご機嫌なダンス映画が2枚セットだよ~!

勇気と元気が出る映画
01 /04 2008
フラッシュダンス &フットルース パック [DVD]フラッシュダンス &フットルース パック [DVD]
(2002/11/22)
ジェニファー・ビールスケビン・ベーコン

商品詳細を見る

ミスティック・リバースリーパーズインビジブルア・フュー・グッドメンなどのケビン・ベーコンが、ご機嫌なダンスナンバー、”フットルース”に合わせて踊りまくる『フットルース』!80年代、全米ベストテンの首位にいつづけたケニー・ロギンスの”フットルース”はとにかく流行った!足元だけを映し、それでどれだけ軽快で全身でリズムをとってる様子を表現する。他にも、シャラマーの”ダンシング・イン・ザ・シーツ”やデニース・ウィリアムズの”レッツ・ヒア・イット・フォー・ザ・ボーイ”などなど全編がテンポ良く、リズミカルに仕上がった映画だ。映画を観ながら、自然に足だけ踊ってる映画って珍しいよね。

FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ



続きを読む

不器用な女性が幸せを掴む術を見つける!なんとなくほのぼのとした幸せな気分になるよ!

勇気と元気が出る映画
11 /05 2007
マーサの幸せレシピマーサの幸せレシピ
(2003/05/23)
マルティナ・ゲデック、セルジョ・カステリット 他

商品詳細を見る

原題:Mostly Martha
題名:マーサの幸せレシピ
出演:マルティナ・ゲデックセルジオ・カステリット、マクシメ・フェルステ 、ジビレ・カノニカ、カーチャ・シュトゥット
製作:カール・バウムゲルトナー 、クリストフ・フリーデル
監督/脚本:サンドラ・ネットルベック
撮影:ミヒャエル・ベルトル
本編分数:105分
製作国:ドイツ
製作年:2001年
不器用なのは男だけじゃないなあなんて感じさせる映画。この映画の主人公マーサも生きることに不器用で、苦手な人間関係に悩み、自分の殻に閉じこもる女性だ。

そんな自分を変えたいと常に思っていて、

FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ

続きを読む

とにかくラッセル・クロウがかっこいい!

勇気と元気が出る映画
05 /12 2007
プルーフ・オブ・ライフ 特別編 [DVD]プルーフ・オブ・ライフ 特別編 [DVD]
(2001/07/20)
ラッセル・クロウメグ・ライアン

商品詳細を見る

原題:PROOF OF LIFE
題名:プルーフ・オブ・ライフ
出演:ラッセル・クロウメグ・ライアンデイビット・モース
製作/監督:テイラー・ハックフォード
脚本/製作総指揮:トニー・ギルロイ
製作総指揮:スティーブン・ルーサー
本編分数:135分
製作国:アメリカ
製作年:2000年
ドルビーデジタル 5.1chサラウンド
アクションと心理作戦、世界テロ情勢と身代金保険企業界に男たちの夢!
アクションとサスペンスと社会派映画とちょっとラブストーリーとをにじませた観客を飽きさせない映画だ。。

FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ





続きを読む

ジュリア・ロバーツが、演技力でアカデミー賞を勝ち取ったサクセスストーリー!スカッとする名せりふ!

勇気と元気が出る映画
03 /26 2007
エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション
ジュリア・ロバーツ (2003/10/22)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る

原題:Erin Brockovich
題名:エリン・ブロコビッチ
出演:ジュリア・ロバーツアルバード・フィニー、アーロン・エカート、ヒンクリー住民(エキストラ)
監督:スティーブン・ソダーバーグ
製作:ダニー・デビート、マイケル・シャンバーグ、ステイシー・シャー
撮影:デド・ラクマン、A.C.S.
音楽:トーマス・ニューマン
本編分数:130分
製作国:アメリカ
製作年:2000年
『プリティ・ウーマン』『オーシャンズ11』など、いまハリウッドで一番売れてる女優、ジュリア・ロバーツが、気の強い、たくましい女性を好演!

ズバッと迫力のあるせりふが、笑いを呼びスカッとする。
なんだか元気が出る映画である。


FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ

続きを読む

豪華キャストで、勇気と元気を与えてくれる名作!

勇気と元気が出る映画
03 /25 2007
若草物語 若草物語
ウィノナ・ライダー (2007/02/16)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る

原題:LITTLE WOMEN
題名:若草物語
出演:ウィノナ・ライダー、スーザン・サランドン、ガブリエル・バーン、クレア・デインズ、トリニ・アルバラード、キルスティン・ダンスト、クリスチャン・ベール
監督:ジリアン・アームストロング
製作:デニス・ディ・ノービ
撮影:ジェフリー・シンプソン、A.C.S.
音楽:トーマス・ニューマン
原作:ルイザ・メイ・オルコット
本編分数:118分
製作国:アメリカ
製作年:1994年
今までにも、エリザベス・テーラー、ジャネット・リン、キャサリン・ヘップバーンなどの名優が演じたきた。世界中の多くの人に愛され続け、元気や勇気、希望を与えてくれる、ルイザ・メイ・オルコット原作の『若草物語』。

FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ






続きを読む

eigazanmai

映画・えいが・EIGA・CINEMA・MOVIEは人生になくてはならないもの、我が映画館へようこそ!!

記事中に、いくつも作品がでてきます。
続きを読むと、関連作品や映画にまつわる話を紹介してますので、どうぞ最後まで楽しんでご覧下さい!

コメント・トラックバック大歓迎です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。