FC2ブログ

子供の頃に描いた夢を大切にしたい!

イギリスを舞台にした映画
02 /04 2007
夢多き少年(少女)時代・・
限りのない可能性を信じ、あらゆることに夢をかけ、追い求めることができる頃である。
それが叶うか叶わぬかは別として、夢を追うことは永遠に眼を閉じるまで、続けて生きたい!
『リトル・ダンサー』を観て、こんなことを思った。

1985年、イギリスの北東部の炭鉱町で、父親も兄も炭鉱夫として働き、以前紹介した『フラガール』で描いていたような、生まれたときから炭鉱夫として働くことを余儀なくされた少年が、男は強くあれと、父親からボクシング部に入らされていたが、ふとしたことからバレエに興味をもつようになり、バレエダンサーになる夢を追う物語である。

この映画の特徴は、平凡で裕福でない少年が、生まれる前から引かれたレールに乗らず、自分の信じる道を歩もうとする人間であることと、子供の夢を叶えたいという父親の大きな愛を描いたところだ。

少年の夢は非現実的だが、この非現実的なところが、現実となるところに人間の可能性がある。
リトル・ダンサー コレクターズ・エディション リトル・ダンサー コレクターズ・エディション
ジェイミー・ベル (2005/12/22)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る

原題:BILLY ELLIOT
主演:ジェイミー・ベル
監督:スティーブン・ダルドリー
本編分数:111分
製作国:イギリス
製作年:2000年


FC2 ブログランキングを見る方!
人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
スポンサーサイト



eigazanmai

映画・えいが・EIGA・CINEMA・MOVIEは人生になくてはならないもの、我が映画館へようこそ!!

記事中に、いくつも作品がでてきます。
続きを読むと、関連作品や映画にまつわる話を紹介してますので、どうぞ最後まで楽しんでご覧下さい!

コメント・トラックバック大歓迎です♪